みんなの憧れと夢の住まい!注文住宅の豆知識と基本情報をご紹介します!

注文住宅は災害や地震に強い設計をすることも大事

注文住宅は、施主の希望に合わせて自由に設計できる住宅です。
予算や土地の広さなどの条件をクリアできれば、理想的な家を建てることができます。
自由に設計できるとなると、間取りや内装をどのようにするかがポイントだと考えがちです。
しかし、家族の暮らしが安全かつ関心であるために、配慮すべきポイントがあることを忘れないでください。
それは、地震への対策を考慮することです。
このような災害は国内ではどこでも起こりうるため、準備は欠かせません。
法律の決まりがあるため、メーカーに任せていても最低限の対応はできます。
注文住宅では、さらなる対策も可能なのでスタッフとよく話し合うことが大切です。
具体的には、柱や梁などに地震の揺れを抑える器具を取り付ける方法が考えられます。
もちろん追加のコストがかかりますが、耐震性を高めることで住宅の損害を避けられる可能性が高まります。
効果的な対策がどのようなものなのか、メーカーのスタッフはよく知っているので相談することが基本です。

注文住宅では他にはない自家発電設備や2×4工法がおすすめ

注文住宅が通常の物件と大きく異なるのは、顧客側から好きな要求を伝えることができることです。
本来ならば実現することが難しいようなものであっても、予想が許す限りはそれを実現できるだけの魅力が存在します。
そのため、通常の住宅ではなかなか難しい自家発電設備や2×4工法がおすすめがおすすめです。
自家発電設備が存在すれば、将来的な光熱費を大きく下げることが可能です。
微区していくことができますし、余った分は電力会社に売ることもできますのでメリットはたくさんあります。
そして、注文住宅では2×4工法も良いです。
これは、壁や天井、そして床を一体的にとらえて建設を行っていく木造建築の手法です。
耐震性が非常に強くて、大きな揺れであってもダメージを効率的に逃がすことができるように工夫をしています。
また、意図的に防火区画を設けることによって火災のときに燃え広がらないようにします。
快適で安全な生活をするための高度な技法なので、非常に人気が高いです。

注文住宅に関する情報サイト
注文住宅の基本情報

このサイトは注文住宅についての基礎的な情報をわかりやすく説明しています。一から検討して作り上げいくのかこの建て方のメリットですが、最初何から始めれば良いか、一番に考える場所や設備、ちょっとした豆知識などを列挙しています。建てた後で後悔しないよう長期的な考えが必要なことや、災害などのいざという時にも備える設備の話など、自分や家族が理想とする住宅で、家族みんなの将来の形に合う住まい作りをサポートできる内容です。

Search