みんなの憧れと夢の住まい!注文住宅の豆知識と基本情報をご紹介します!

このサイトは注文住宅についての基礎的な情報をわかりやすく説明しています。
一から検討して作り上げいくのかこの建て方のメリットですが、最初何から始めれば良いか、一番に考える場所や設備、ちょっとした豆知識などを列挙しています。
建てた後で後悔しないよう長期的な考えが必要なことや、災害などのいざという時にも備える設備の話など、自分や家族が理想とする住宅で、家族みんなの将来の形に合う住まい作りをサポートできる内容です。

みんなの憧れと夢の住まい!注文住宅の豆知識と基本情報をご紹介します!

注文住宅は理想の住宅を作ることができるのがメリットです。
しかしいざ建てるとなると何から考えてえればいいか、そもそも自分が理想としている住まいとは何かと悩んでしまいます。
そこで豆知識として紹介する行動は、まず一番利用することが多い場所を検討します。
リビングやキッチン、トイレやお風呂がこれに当てはまる場所で、どういったものだと使いやすいか、今現在なくて不便に感じる点などを書き出して、家族みんなで話し合うことが理想の姿を見つける、注文住宅を建てる前、最初に行うことです。

注文住宅とは自分の理想と希望をすべて叶えられるオールカスタマイズの住まいです!

注文住宅とは何か、そろそろマイホームを購入しようとしている人にとって気になるワードになるのではないでしょうか。
イメージの中では注文住宅とは高額な家づくりになるもので、予算に合わないため分譲や建売などの住宅でなければ買うことができない、このような印象を抱く人も多いことでしょう。
土地を持っていない場合は土地探しから始めることになるので、完成までの期間は長くなりがちですが理想の間取りを作り出せる、これは注文住宅の最大のメリットになる部分です。
こだわり条件を整理しておいてそれぞれに優先順位を設けておく、予算がオーバーしたときには優先順位が低いものを除外する、このようなコツを掴んで行えば理想通りの家を作ることができます。
そのため、注文住宅はオールカスタマイズの住まいであり、自分たちの理想や希望を間取りに反映できますし、好みの住宅設備を導入して快適な住まいづくりが実現します。
なお、注文住宅には完全オーダーメイド型とプランが決まっているセミオーダーなどの種類が有ることも覚えておきましょう。

注文住宅は土地選びから家屋のデザインに至る迄オーダーメイドである事が最大のメリット!

憧れでもあったマイホームの建築を決めた時に、その工法を注文住宅とした理由を考えてみます。
建売りの住宅との比較をしてみた際に際立って異なるのが、完成に至るまでの様々な自由度の高さになるのです。
その建物の外観にも要望を出すことができますし、使用される資材や設置される設備まで多くの選択肢の中から選ぶ事もできるのです。
ただ、注文住宅の場合には、要望通りの家を建てるための敷地を用意しなければなりません。
その敷地も通勤や通学と生活の便利さに、住環境も考えた土地選びが必要です。
しかし、建売住宅ではメーカーが決定した建物に、予め決められていた建物の中からの選択になります。
敷地に対する本当の要望があっても、必ずしもその通りになるとは言い難い面があります。
そして、そこに建てられている建物も、完成後のものから希望にどこまで添っているかで決定し負ければならないのです。
敷地や建物に大きなこだわりがないのであれば、それでも充分であることに間違いはありません。
しかし、敷地にも希望があり、建物の外観や内装等のデザインに大きなこだわりがあれば充分とは言えません。
そのように建物を建てる場所や、外観に間取りまでを決めることができるのが注文住宅です。
この自由度こそが建築主にとって、最大のメリットとなっています。

注文住宅は建売住宅よりも1.5倍以上コストがかかるのがデメリット

注文住宅で建てられれば家族皆の要望を上手く取り入れながら理想的な家づくりができますが、コストがかかるのがデメリットです。
建売住宅と比較すると1.5倍のお金がかかるとも言われており、資金的な面から注文住宅を諦める人もいます。
無理をしてローンを組んでしまうと、その後の返済がとても大変になり、途中で払えなくなるリスクも出てきます。
返済に関しては余裕を持った計画を立てることがとても重要であり、長い返済期間の中で予想外のことが起きても問題なく払えるような状況でなければなりません。
そのため、注文住宅を建てたいと考える場合には、細かな部分までしっかりと計画を立てて、特に資金面ではリスクが無いかをチェックする必要があります。
少しでもリスクを小さくしてから注文住宅を購入したいという場合には、頭金を増やすことを考えるのが得策です。
よく物件価格の3割程度は持っておきたいと言われますが、多ければ多いほど安心できます。

注文住宅は収入に見合った無理のない住宅ローン返済を想定し予算を組もう!

注文住宅は建売住宅と比べるとコストがかかり、予算も多めに考えなければなりません。
最初に考えなければならないのはどの程度の金額の注文住宅を建てるのかという点であり、それによって借りる住宅ローンの額も変わります。
こだわりの家をつくるために注文住宅を選ぶ人が多いですし、ある程度のグレードを求めているケースも多いので、できれば多くの費用をかけたいところですが、無理をすると返済が始まってから苦労しますので、無理のない範囲で予定を立てることが大切です。
月々の返済額は残業代等を含めなくても返していけるような範囲にして、ボーナスもあまりあてにしてはいけません。
景気の動向によっては毎月の給与にも影響が出る可能性があるため、多少の余裕が欲しいところです。
無理のない範囲にしつついざという時に動かせるお金を持っておくことが、安全に住宅ローンを利用するためのポイントです。
貯蓄に回す分を確保して、まとまった額を用意できたら繰り上げ返済するという方法もあります。

注文住宅で重要になるコストカットの具体例その①外壁は凹凸や窓の少ないデザイン

注文住宅の設計を行う段階でも現在の費用を計上して貰うことができますし、事前に予算を伝えておくので予算がオーバーしそうになったときには相手方が教えてくれるケースが多いので、設計図が完成して提出された見積で予算オーバーになってしまったなどのケースは少ないといえましょう。
しかし、予算がオーバーしてしまうと部屋数を減らしたり設備などのグレードを下げるなどの苦労をされる人も多いのが現状です。
ある程度設計が進んでからの設計変更は費用が掛かることもありますし、理想通りの家づくりにならないなど注文住宅では理想的なコストカット法を覚えておくなどが重要です。
注文住宅のコストカットの一つに外壁の凹凸を減らすやり方と、窓の数を減らしたり数をそのままにして窓のサイズを下げるなどのやり方があります。
凹凸が増えると利用する木材などの量が増えるのでコストがアップする、総2階建てなどのように1階と2階の壁面が均一になっているような造りにすることでコストを抑える効果を期待できます。

注文住宅で重要になるコストカットの具体例その②間取りをシンプルに間仕切りを少なく

注文住宅を建てる場合には建売住宅よりもコストがかかりますが、工夫次第で減らす方法はあります。
例えば間取りをできるだけシンプルにすることでも、注文住宅の費用を抑えることが可能であり、基本的にシンプルなつくりに徹することが予算を抑えるためのコツになります。
間取りにはこだわりがある人も多く、家族皆の意見を反映させると少し複雑なつくりになってしまうケースも多いのですが、後々のことを考えるとあまり複雑にしない方が良いケースも多々ありますので、本当にそのようなつくりにする必要があるのかをもう一度考えてみることが大切です。
あまりにも複雑になり過ぎると、その後に手を加えたいと考えても工事が難しくなる可能性もあり、工事ができても費用がかさむという事態が発生します。
また、家族構成やライフスタイルが変わった後にこだわった部分が住みにくいと感じる原因にもなりますので、その時だけを考えたつくりにはしない方が良いと言えます。

注文住宅で重要になるコストカットの具体例その③あまり使わない和室を作らない

子供の頃から注文住宅を建築することが夢の人も少なくありませんが、大人になってから本当に注文住宅を建築する人も何割かはいます。
この時、可能な限り安く建築したいと考えるはずです。
昔考えていたことが現実的になる事はあるわけですが、ただしその時に色々と制限がかかってしまうものです。
1番大きな制限は、多くの人にとって金銭的な制限かもしれません。
違う見方をするならば、決まった予算の中で建築しなければいけないため、どこかでコストカットをすることが必要になります。
具体的にどのあたりでコストカットをするかと言えば、例えば和室などがこれに該当するでしょう。
一般的な日本の住宅は、最近ならば特に必ずと言っていいほどひと部屋は和室があります。
ただ実際にこれが必要かと言えばその家に住む人によって分かれてくるところでしょう。
必要ないならば、思い切って省略してしまった方がいいです。
なぜこのようなことを述べるかと言えば、フローリングなどに比べて畳の方が費用が高くなるからです。

注文住宅で重要になるコストカットの具体例その④エクステリアはフェンスや門扉を使わない

長年の念願だった住宅を建築するとなれば、モチベーションも高まるはずです。
例えるならば、子供の頃欲しいおもちゃが手に入ったときの喜びのような感じかもしれません。
ただ実際には、様々な制限の中で注文住宅を建築しなければならないのが現状です。
注文住宅の建築の制限があるとすれば、多くの人にとって予算的な制限かもしれません。
実際に、注文住宅を建築する人のほとんどはお金が足りず住宅ローンを組んでいます。
住宅ローンを組んでいる割合は8割から9割以上と言われており、半分以上の人がお金を借りて建築しているわけです。
この時、将来にわたる返済になるためできるだけコストカットをした方が良いでしょう。
コストカットの方法の1つとして、例えばフェンス等を取り付けないのが重要になるかもしれません。
これは、絶対に必要なものではなく必要に応じてつけたら良いといえます。
大抵の場合、設置した後実はフェンス等必要なかったのではないかと後悔するケースが少なくないわけです。

注文住宅で重要になるコストカットの具体例その⑤壁紙を貼るなど簡単な個所はDIY

注文住宅で家を建てるとなると、建売住宅よりも多くの費用が必要になってきますが、それでも自分たち家族の住みやすい家にする事が出来ますので大変魅力的です。
では、コストを抑えつつも夢の注文住宅を建てたいと思う場合にどうすればいいいでしょうか?コストカットをする方法はいろいろありますが、例えば壁紙など自分たちでDIYすることです。
とはいうものの、自分たちはあまり器用ではないので、上手に貼れるかどうかが心配になるかもしれません。
そんな時には、インターネットで壁紙の貼り方などを参考にすると良いでしょう。
最近は素人の方でも上手にDIYをして動画をアップしている人もたくさんおられますので、励みとなります。
いきなり大きな空間から始めるのではなく、自分たちの寝室や子供部屋などから始めてみて徐々に慣れてきたら、リビングを貼る事が出来ます。
是非挑戦してみましょう。
クロスはインターネット通販で購入する事が出来ます。

注文住宅に関する情報サイト
注文住宅の基本情報

このサイトは注文住宅についての基礎的な情報をわかりやすく説明しています。一から検討して作り上げいくのかこの建て方のメリットですが、最初何から始めれば良いか、一番に考える場所や設備、ちょっとした豆知識などを列挙しています。建てた後で後悔しないよう長期的な考えが必要なことや、災害などのいざという時にも備える設備の話など、自分や家族が理想とする住宅で、家族みんなの将来の形に合う住まい作りをサポートできる内容です。

Search